むかわ地域商社 M Dino Regional trading company in Mukawa-Hokkaido

Information

2022.05.26

災害復旧用特殊機械販売事業について

はじめに

 2018年9月6日、北海道胆振東部地震により震度6強という激しい揺れに見舞われた「むかわ町」は、大きな震災を被り、いまだ復興の途上にあります。この状況下にあって、当社は災害に強いまちづくりに寄与すべく「防災・減災ビジネス」にも挑戦しています。

 このたび、産学官民で培った技術や研究開発を通して、災害復旧用特殊機械(液体・土砂・火山灰・海上油・粉体・気体など多様な物質を吸引し、数百m先まで移送することができる機械)を商品化しました。

 被災地での速やかな応急・復旧作業に役立つ機械と考えておりますので、関心や興味のある方は、ぜひ当社へお問い合わせください。

災害復旧用特殊機械(特殊ポンプ)カタログ

【基本性能】

・ポンプ能力(シリンダ容積・理論値) 60 ㎥/h

・吸引能力 φ100㎜ホース使用で水平距離 90m、高低差 10mまで吸引可能(水)

(粘土の場合では、水分量40%以上で上記吸引可能)

・圧送能力 粘土:水(1:1配合の場合) 水平距離 約500m以上、高低差 約100m以上

(想定理論値)

・稼働能力 通常24時間運用可(給油時除く)

【吸引・圧送不可な物質】

1. 粒径100mm超の物質

2. 比重の高い物質(鉄球・水銀など)

災害復旧用特殊ポンプの概要

様々な災害時を想定した災害復旧用の特殊ポンプであり、その用途は、液体・土砂・火山灰・軽石海上油・粉・気体などといった多様な物質を吸引することができ、さらに数百メートルの距離を移送(圧送)することもできるという、日本初の方式で画期的な能力を有する特殊ポンプであります。

これは、単に液体のみを吸引し移送する一般的な水中ポンプ(タービン式ポンプ)に比べ、砂利や泥水を含んだ土砂を容易に吸引・移送するなど、その用途は格段に違いがあります。

また、水中ポンプでは不可能な高低差100m以上(推定理論値)の山の頂上まで移送することができるなど、その移送(圧送)能力は高く、災害復旧作業に大いに役立つ機械といえます。

【詳細説明】

1. 災害復旧用特殊ポンプの原理は、コンクリートポンプ(油圧ピストンで生コンを圧送する機械)の改良型であり、生コン注入部のホッパーを外し、吸引用ホース穴の付いた蓋を装着するという改良を施すことで、圧送と吸引機能を同時に有する機械に変わるというものであります。

2. 豪雨・土砂災害等での泥流水の排水作業や被災した住宅の土砂排出作業に効果を発揮します。また、高層ビル火災や山火事など高低差や距離に関係なく水の移送や放水が可能であり、泥・砂等を混ぜて窒息消火、粉末や発泡の化学消火剤による消火、窒素・二酸化炭素等の不燃ガスの吸引・移送も可能であります。

3. さらに、港湾や生けす等周辺での軽石除去作業にも役立ち、藻・石・木など大概のものはバルブ内で粉砕・裁断し、数百メートル先の堆積場所までホースを延ばすことで移送することができます。このほかに、流出油の回収では、エマルジョン化した硬めのゼリー状の油や固化した油まで回収可能であります。

災害復旧用特殊ポンプの作業フロー

むかわ町 恐竜ワールド MUKAWA DINO WORLD © 2020 M dino. TOP